maneoマーケット

ソーシャルレンディング界隈で思うこと(投資スタンスなどなど)

この1、2ヶ月、ソーシャルレンディング界隈が騒がしすぎて、もう何が起きたのかいちいち覚えていられないレベルですね。

そんな中で改めていろいろ深く考えることもできたので、そういう意味では良い機会になったのかもしれない。

トラブル続きのこの夏のソーシャルレンディングと業界について、あれこれ思ったことを整理しがてらまとめてみます。

結局、人は信用できない

人間て信用ならないなー。もちろん自分を含めて。

これが今改めて強く思うことです。特にお金が絡むとダメ。

思えば「着服」に関するニュースって、定期的に出てくる。

金融機関だけでなく一般企業でも当たり前のように発覚するし、億単位の金額が流出するまで見過ごされていたりする。

人はお金にルーズだし、それを管理する第三者もゆるい。

結局「にんげんだもの」ということなんですよね。

その「にんげんだもの」を相手に投資するソーシャルレンディングというのは、ハナから信用ならない。

これが今の僕の結論です。

後述しますが、実はもともとソーシャルレンディング事業者は信用していません。

でもその信用ならない「にんげん」が相手と割り切って投資してきました。

ラッキーバンクグリーンインフラレンディングmaneoマーケット)へと続く一連の問題によって、「信用ならない」と思っていたことはやはり間違っていなかったんだと確信できた感じですね。

とはいえ、今後もソーシャルレンディング投資は手を緩めることなく続けていきますよ。

事業者リスクを考える

ソーシャルレンディング投資をする上で、もっとも注意しなければならないリスクは事業者リスク。

これはかつて投資していたAQUSH(アクシュ)クラウドバンクでの経験から学び、みんなのクレジッット事件を横目で見て確信しました。

AQUSHは事業へのやる気が薄れているのが感じられた時、クラウドバンクの場合は行政処分勧告が出た時(注:現在のクラウドバンクは経営陣も一新され、事業に対してとても真摯に取り組んでいると思います)。

結局、事業者リスクが見極められなければいくらファンドの内容を精査しても意味がない。

まずは事業者リスクの見極めには全精力を傾けるべきという考えに至りました。

そういう意味で口座を開設する事業者の選定には細心の注意を払っています。

でもこれ、無意味なんですね。

身も蓋もないけど。

だってどんなに企業情報を精査したって一般的な投資家がアクセスできるのは二次以下の情報。

で、もっと身も蓋もないことを言うと完全なる一次情報にアクセスできるはずのmaneoマーケット・瀧本社長ですら事業者リスクに引っかかって業務改善命令を受けてしまったわけです。

グリーンインフラレンディング(とJCサービス)の財務から事業内容、そして社長の人となりまで、あらゆる生情報を入手してきたであろう百戦錬磨の瀧本社長ですら見極めができなかった。

これはもう一投資家には事業者リスクを見極めることは不可能ですよ。

みんなのクレジットのように明らかにおかしい、でかい釣り針が丸見えであれば話は別ですけどね。

一般の投資家にできることは信頼できる事業者を直感で選ぶこと。

これくらいかもしれません。

宣伝が派手とか、代表者が投資家の前に出てこないとか、セミナーを開かないとか。

こんなことが何かのヒントになるかのかもしれませんね。

余談ですけど、SLのセミナーって東京で開催されることがほとんどですよね。

後日、動画をアップすればいいのになと思います。

そうすればSL投資家の地域格差を埋められますよ。

事業者リスクはソーシャルレンディングだけの話ではない

もっともトラディショナルな金融商品でもある株式。

株式市場にも事業者リスクはたくさん転がっています。

東芝や神戸製鋼、日産のような超巨大企業が粉飾決算やデータ改ざんなどの不祥事を起こし、株価に大きな影響を与えました。

あるいは、maneoマーケットと同じ7月13日に行政処分を受けた東日本銀行。

関東財務局がリリースした文書を読む限りやりたい放題、というかガバガバなガバナンス(ガバの三段活用)だったようです。

銀行といえばスルガ銀行も大問題になっていますよね。

お堅いはずの銀行や日本を代表する超巨大企業ですらこのような有り様なので、やっぱり人間ってあてにならい。

投資をしようと思ったらそういう信用ならない人たちを相手に投資をするんだと寛容にならなければならない。

そういう割り切りができないと、投資なんていうものはやってられないというのが持論です。

結局、人と人との営みの中でしか投資はできないですからね。

これだけバッドニュース続きでもソーシャルレンディング投資を継続しようと思う理由の一つがここにあります。

潔癖症では投資なんてできないのです。

個人投資家だけでなく投資のプロであるはずのベンチャーキャピタルも、グリーンインフラレンディングの一件ではmaneoマーケットへの期待を裏切られる形になりました。

maneoマーケットへ出資しているVCといえばGMOフィナンシャルHD、VOYAGEベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタルなどといったメジャーどころばかり。

投資ってプロでも難しいのです。


投資スタンス

事業者リスクという根本的すぎる問題が目立つソーシャルレンディングですが、私は今後も投資を続けます。

損切りの幅と利食いの幅のバランスを指す「リスク・リワード比率」という言葉があります。

FXなどで使われる言葉です。

この考え方をソーシャルレンディングにも当てはめて投資方針を作っています。

投資である以上は損失を避けられませんから、利益以上の損失が出ないように分散投資で自衛をする。

これがソーシャルレンディングにおける私の投資方針です。

いくら熟慮を重ねて分散したって、その自衛策は100%確実なもにはなりません。

それでもアマチュアの個人投資家にできることはその程度のことなんです。

100%の確率で自衛できるのであれば、日本国民全員がソーシャルレンディング投資をすると思いますよ。

私はソーシャルレンディングのファンドに投資した時点で、それはもう自分のお金ではない。

戻ってこなくても仕方ないという腹のくくり方をしています。

これがこの記事の初めに「もともと事業者を信用していない」と書いた根拠です。

これは初めて投資をした日からずっとブレていません。

事業者自体がベンチャーだし、融資先は匿名化されているしで、客観的な判断なんてできませんから。

なので損失が出てもトータルで利益が出れば良い。

そう思って投資してきましたし、これからもそれは変わりません。

ソーシャルレンディングってまだまだそれくらい怪しげなものなんだと思います。

投資する上での決め事

ではソーシャルレンディング投資をする上でのマイルールをまとめてみます。

1. 自分なりに事業者リスクを調べて投資対象として適格か判断する

2. ファンドの内容を吟味

3. 一事業者あたりの投資上限はSLへの投下予算の10%以下

4. 1ファンドあたりの投資上限はSL投下予算の1%以内

5. SLへの投下予算は投資用資産の40%以内

事業者、ファンド、予算といった面で制限をかけてリスク分散を図っています。

焦げ付きが出ても立ち直れるようにすることが、個人投資家にできる自衛策。

投資の世界では退場さえしなければ、いくらでも次のチャンスがあるのです。

なんだかんだで分散は投資の基本

SL投資はずっと順調だったこともあり、実は最近は上記のルールを崩しかけていました。

特に投資する事業者を減らしていました。

なぜなら管理が大変だから。

でも結局、グリーンインフラレンディングで680万円ほど被弾して思ったのは、やっぱり分散はするべき。

事業者でも案件でも、可能な限り分散するべし。

分散はすればするほど、ハズレを引く確率も高まります。

これは分散投資を考える上で必ず出てくる矛盾なのだけれど、何よりも大事なのは「致命傷を食らわない、退場しない、生き残る」こと。

繰り返しになりますが、これが投資をする上で何よりも大切なことです。

生き残ることができれば、失った分以上に取り返すチャンスはあります。

特にソーシャルレンディングは時間をかければ、それが比較的容易にできるはずです(もちろんできないケースもあります)。

投資において百戦百勝はありえません。

1勝9敗でも最後に利益が残れば勝ちなのです。

余剰資金で

ソーシャルレンディングに限らず、投資は余剰資金でやるというのは鉄則です。

余剰資金でなければ、さすがの私も「そもそも信用していない事業者」に投資なんかできません。

マイルールの【5】ですね。

余剰資金(=投資用の資金)のうちの4割をSL投資に回しています。

全力勝負ではないので失敗を受け入れられるのです。

何か問題が起きた時に不安で夜も眠れない。

このような状況になるレベルの資金を投下するのは絶対にダメです。

まとめ

グリーンイフラレンディングの件は、早く真相が明らかになって欲しいと思いつつも、返ってこなければそれはそれで仕方ない。

そう思っています。

自己責任ですからね。

ただ、目的外に資金を使用したのはさすがにいかがなものかと思いますよ。

よりによって細野豪志みたいなポンコツ政治家に渡っていたとしたら、これは本当にありえないですよ。

でもまあ仕方ないですね。

ある程度割り切っている一方で、良い方向へと物事が進むと良いなとも思っています。

マイルールを作って、損失を最小限に抑える戦略を作ること。

何度も繰り返しますが、これが投資をする上でもっとも大切なことだと思います。

あわせて読みたい
ソーシャレンディング各社の特長をさらっと比較!!値動きがなく、一度投資してしまえば後は待つだけ。 本業があってもそれに負担をかけることなく二つ目のお財布、セカンドマネーを作ること...
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ   

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です