グリーンインフラレンディング

新規の募集が一時的にストップ!|グリーンインフラレンディングに問い合わせてみた

ちょっと心配な事象

グリーンインフラレンディングの新規募集が一時的にストップしています。

グリーンインフラレンディングといえば案件が豊富で、常に複数ファンドの募集がアクティブにかかっている。そんなイメージのソーシャルレンディング事業者ですね。

そんな事業者が数日とはいえ募集をストップしている。

非常に気になります。私も結構な金額を投資していたりします。

なので、今朝電話をしてみました。

maneoマーケットへ問い合わせ

投資家の募集やファンドへの投資勧誘を請け負っているmaneoマーケットへ電話をしてみました。

グリーンインフラレンディングは過去に二度ほどメールで問い合わせをしたことがあるのですが、しっかりとした文章で丁寧なメールを返してくれました。今回もメールで・・・と思いましたが、少し心配なので電話にしてみました。

朝の10時頃。

女性が電話の応対をしてくれ、maneoマーケットのグリーンインフラレンディング係とおっしゃっていました。

おそらく着信番号に合わせて各ソーシャルレンディング事業者の係を名乗り分けるような仕組みなのでしょう。

質問したのは以下の1点。

「募集が止まっているようですが、その事情を教えてください」

担当の女性は「グリーンインフラレンディング社へ確認して、折り返しお電話します」とのこと。

時間はかかるが、本日中には連絡をもらえるということでした。

そして16時過ぎにmaneoマーケットより着信あり。朝の女性とは別の男性から。

お話しされたことを要約すると以下のような感じ。

1.現時点で投資家個別にご回答できることはない

2.何か発表できることがあればウェブサイトで公表する

3.これはグリーンインフラレンディングとしてもmaneoマーケットとしても同一の見解

だいたいこんな感じの回答でした。

質問の角度を変えて

丁寧ではありましたが、杓子定規な内容。想像の範囲内。

せっかく電話したのでもう少し何か情報を引き出そうと、質問の角度を変えてあの手この手で食い下がってみました。

質問の仕方が違うだけで、聞いていることは「何かトラブルが起きていないか?」ということ一点なのですけどね(笑)

それでも先方は上の1〜3を繰り返すばかり。

まあ、そうでしょう。仕方ない。

食い下がっている最中に唯一新しく引き出せた情報は

「同じようなお問い合わせを、たくさんの投資家さんからいただいています」ということ。

それはまあ、そうですよね。

というわけで、ほどほどのところで電話を終わりました。

グリーンインフラレンディングの現況

グリーンインフラレンディングの直近の募集は【第15弾】バイオマス発電ローンファンド(第25次募集)。6月1日に募集が開始されたファンドで、6月4日の13時に満額成立しています。

一番最後、つまり直近に成立しているファンドは【第21弾】メガソーラーローンファンド(第17次募集)。6月4日の22時に満額成立しました。これが最後。

ほぼ毎日のように何かしらのファンドが募集中だったグリーンインフラレンディングが、6月4日の22時以降はすっかり活動休止状態になってしまいました。

投資家としてはちょっとざわざわしても仕方のない状況。

グリーンインフラレンディングが次のアクションを起こすまで、何もわからない状態です。

(追記)6月11日に予定どおりの分配、そして

ファンドの新規募集が止まってから10日目、最後のファンド成立から7日目。

6月11日の今日、分配日がやってきました。

予定どおりの内容ですね。

これは法人口座のスクリーンショットですが、個人口座の方にも予定どおりの分配が実行されていました。

とはいえ、ファンドの募集は再開せず。

「うーん」と思っていると、グリーンインフラレンディングのウェブサイトにお知らせがアップされました。

2018/06/11 ファンドの一部募集停止のお知らせ

やはり何かしら問題があるのですね。

以下、ファンドの募集を取り扱うmaneoマーケット名で出された文書の引用です。

(追記)ファンドの一部募集停止のお知らせ

1)対象ファンド名
① 【第15弾】バイオマス発電ローンファンド
第1次募集~第28次募集(募集総額 5億円)の内、第26次募集~第28次募
集分を停止しております。

② 【第21弾】メガソーラーローンファンド
第1次募集~第25次募集(募集総額 5億円)の内、第18次募集~第25次募
集分を停止しております。

2)募集停止の理由
当社において、対象ファンドに関して確認を要する事項の存在を認識したため。

3)今後のファンド募集予定
確認の結果を受け、募集再開の可否を判断致します。

以上

次回のご報告は、6月19日(火)を予定しております。

ご心配をお掛けして申し訳ございません。
ご理解の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

担保に問題があるのか、リファイナンスの説明に不備があるのか、発電所の運営、あるいは売却プロセスに問題が生じているのか・・・。

こればかりは何を考えても憶測になってしまいます。6月19日を待つしかなさそう。

LCホールディングスにもバッドニュース

グリーンインフラレンディングからのお知らせと時を同じくして、LCレンディングの親会社であるLCホールディングスからも良くないIRが出ました。

「証券取引等監視委員会による当社元代表取締役等に関する調査について」という文書。

元代表取締役である本荘良一氏らにインサイダー取引の嫌疑がかかっているという内容です。

LCホールディングスは今月末の株主総会を以ってあのサム金子さんこと金子修氏の就任が予定されています。

かつて不動産ファンドブームを巻き起こした元ダヴィンチ・アドバイザーズの金子さん。

本荘氏から金子氏への社長交代の経緯が不透明だったので、そういう意味では霧が晴れるニュースなのかもしれません。

いずれにしても、ソーシャルレンディング業界にとっては「なんて日だっ!」といった一日でした。

まとめ

LCHDについては相場の寄り付きを、グリーンインレンレンディングについては6月19日を待つしかなさそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です